最後の贈り物とは


究極の贈り物

近年、社会環境の変化と共にに葬儀や供養に対する意識も多様化が進んできています。

このセラミック製の像は、『大切な家族を亡くされた喪失感や悲しみを少しでもやわらげ、心が癒されますように・・・』との思いを込めまして、構想から3年掛りで製品化に至りました。

特許庁-実用新案登録済み

故人と一緒に納棺後、火葬となりますが「像」はそのままの姿形で、最後の贈り物としてご家族の元に戻ります。

魂が宿った分身として唯一無二の贈り物ですので、お守り忘れ形見永遠の絆、供養などそれぞれの想いを込めてお持ちいただけます。

ご遺族様からは葬儀後の心の支えや拠り所として、また、喪失感や深い悲しみを和らげ癒してくれると大変ご好評をいただいております。

今までには無かった『愛する人から究極の贈り物ですので、大切にお持ちください。

特定の宗派の像ではありませんのでご安心ください。


◆  手のひらにすっぽり入るサイズです。約(高さ6.5cm/重さ20g)

◆  宗派とらわれませんので、嫁ぎ先でも気兼ねなくお持ちいただけます。

◆  ご家族の結婚式や旅行・転勤・療養先等どこにでも一緒に携帯できます。

日本国内で職人さんが一つずつ手作業で、心を込め制作しております。

  耐熱温度1600℃のファインセラミック製です。


する人へ・・・最後の贈り物】こんな方にお薦めです。

kojin_omoide_woman

 

旅立つ故人を想って・・・

身近でいつも故人を偲んだり、供養したい方

お墓参りや法事に遠方・諸事情で行かれない方

仏壇やお墓を持たない方

故人を敬愛して、あやかりたいと願う方

親孝行ができず後悔している方


ending_note

社会環境の変化や長寿社会・少子化・終活ブームなどの影響で、従来タブー視されていましたご自身のエンディングを真剣に考える方が増えています。葬儀の予約や遺影写真など・・・ご自分で生前から決める方が近年増加傾向です。

 

残されるご家族を想って・・・

愛するご家族をいつまでも見守っていたいと想う方

形見や絆の証を残したい方

将来、お墓や仏壇の維持など、ご家族に負担をかけたくない方

自然葬・家族葬・直葬などをご希望の方

終末期医療などで療養中の方

余命を告知された方

thumbnail_text_syuukatsu

 

終活(しゅうかつ) Wikipedia参照

「人生の終わりのための活動」の略で、人間が人生の最期を迎えるにあたって執る様々な準備やそこに向けた人生の総括を意味する言葉である。

 


必ず納棺の儀までに

納棺の儀までに、ご一緒にお納めできますように、お早めに求めください。


ご注文/お問合せ

ご注文/お問合せ先

ご質問、不明点などありましたら、電話やメールにてご遠慮なく相談ください。

よく質問されます疑問点や不安点につきましては、よくある質問をご覧ください。

TEL 055-227-0336

(平日 9:00~17:00)

FAX 055-242-8724

FAXご注文用紙pdf

(営業時間外のお問合せは翌営業日のご返信になります)

休日、時間外、お急ぎの場合

TEL 055-251-0323

ご注文/お問合せ先


返品について

商品の特性上、返品はお受けできません事をご了承ください。

宅配後、破損等不具合がありましたら、ご購入後7日以内に商品をご返送ください。

確認後、商品をお取替えいたします。